予備校の仲間と医学部を目指して勉強しています

父が経営しているクリニックの跡を継ぎたい

中学生の頃から父が経営しているクリニックの跡を継ぎたいと考えるようになり、勉強を熱心に行うようになりました。
高校は県内で一番の進学校に進みましたが、高校生活が楽しすぎて勉強がおろそかになっていました。
高校に入学したときは、担任教師からこのままの成績を維持すれば国立大学は合格するだろうと太鼓判をおされていたのに、油断をしているうちに学力が低下してしまい、高校3年生になる頃には教師からもっと勉強しないと、どの大学にも合格しないといわれてしまいました。
さすがにこのままでは駄目だと危機感を感じるようになったので、心を入れ替えて一生懸命に勉強をするようになりましたが、勉強は積み重ねが大事なのに基礎がしっかりできないので応用することができないことに気付きました。
そこで基礎から勉強するようにしましたが、受験シーズンには間に合わなくて浪人生活が決定してしまいました。
中学生の頃は父の跡をついて医師になりたいという夢を持っていたのに、医学部以外の学部ですら入学できない現状を情けなく感じ、浪人生として謙虚に勉強することを心に決めました。
浪人中は家で勉強しているとさぼってしまう可能性があったので、予備校に通うことにしました。
予備校は、浪人生のために午前中から学校のように授業をしているので、毎日通うことにしました。

父が経営しているクリニックの跡を継ぎたい授業がない日は自習室で勉強

医学部の予備校で面接の練習

高校生の時にお付き合いしていた男性が、医師として働いている人でした。
私は高校生の時にはあまり頭がよくなかったので、将来の夢を持っているというわけでもありませんでした。
毎日、勉強をほとんどせずに、友人と遊んだり彼氏とデートをして時間を過ごしていたのです。
そのような私を見ていた両親は、とても心配していました。
ある日、彼氏が将来の夢を真剣に話し合ってくれた時がありました。
私は高校を卒業したらすぐに彼と結婚することを夢見ていたのですが、彼は私と別れたがっていました。
私はショックで立ち直れませんでした。
しかし、彼が私の将来の夢をかなり後押ししてくれたのです。
彼は私が医療に興味を持っていることを知っていたので、医師になることをすすめてくれました。
私は自信がなかったのですが、好きな人のアドバイスだったので、挑戦してみることにしました。
しかし、大学に進学するための準備をほとんど準備していなかった私は、かなり焦りました。
一度決めた夢をすぐにはあきらめたくなかったため、医学部に入るために予備校に通ってみることにしました。
予備校に通い始めてからは、生活が一変しました。
これまでに付き合っていた友達とのお付き合いもかなり減らし、毎日朝早くから夜遅くまでずっと勉強に時間を費やしました。
誰よりもたくさんの時間を勉強に費やしたと言っても過言ではないくらいです。
勉強している時には、意外と勉強することが好きである自分に気がつきました。
もっと早くから真剣に勉強していればよかったと感じたくらいです。
しかし、一歩でも勉強に進む道に後押ししてくれた、元彼氏に感謝したいと感じています。
両親や友人たちは、私の勉強をかなり応援してくれていました。
みんな私が将来、医師になることをとても楽しみにしてくれていたのです。
勉強を毎日続けることは、簡単なことではありませんでした。
毎日のように勉強をしていると、ストレスが溜まってしまうこともたくさんありました。
それに、ストレスが原因で、暴飲暴食をしたり、睡眠不足になることもあったのです。
辛いと思うこともしばしばありましたが、勉強をやめるということはありませんでした。
努力すると、後で結果がきちんと出るということを信じていたからです。
また、予備校の先生がたくさん励ましてくれた点も、やる気につながりました。
私は人とのコミュニケーションを大事にする性格であるため、予備校の先生の励ましはとても効果がありました。
また、勉強をしている時に、予備校の先生が面接の練習にも付き合ってくれました。
面接の練習の時には、失敗をすることもしばしばありましたが、練習を繰り返したおかげで、面接に対する自信を身につけることができたのです。
たくさんの練習に付き合ってくれた先生に、とても感謝しています。
これらの勉強や練習の努力が実り、ついに医学部に入学をすることができました。
入試に合格した時は、嬉しくて涙が止まりませんでした。
かなり嬉しかったです。
人生で一番幸せを感じた時でした。
両親や友人たちは、本当に喜んでくれました。
パーティーでお祝いをしてもらえたところも、とても嬉しかったです。
医学部に入学した後は、新しい友人にも出会うことができました。
みんなとても勤勉な学生だったので、やる気をもらうことができました。
困った時には、お互いに助け合うことができる貴重な友人たちです。
私はいつもたくさん友達に助けてもらっているので、今後は私も友人たちをサポートしていきたいと思っています。
また、医学部での勉強はかなり大変ですが、卒業するまでしっかりと頑張っていくつもりです。
将来は、信頼される立派な医師になりたいです。